スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISOさんと芦ノ湖へ

2016.11.12.Sat.21:06
久しぶりに、ISOさんと芦ノ湖へ行くことになりました。
しかも、旧道で登るとのこと。

旧道は距離は短いが、斜度がキツイということは理解していたのですが、ISOさんが一桁台のスピードでゆっくり登れば大丈夫だと仰る。なるほど、それなら・・・と思ってしまったのがそもそもの間違い。

7時半にISOさんと出発し、旧道入口から数百入ったところにあるコンビニでしばし休憩。
脚を休ませて、11時25分頃に登坂開始。

うわー、結構序盤からキツイなーと思って、久しぶりにインナーへ。
しばし走ると・・・あれ?もうシフトダウンできない。なんで?と思ったら、早々にインナーローに入ってました。

後ろを走るISOさんから、斜度の読み上げや7曲りまでの距離やら、頂上までの距離やらを伝えてくれます。この人、登坂中なのに息切れてないし!
しかも自転車が重い。インナーローってこんなに重かったっけ?
一桁台のスピードなら大丈夫って・・・、頑張ってもそんなものしか速度出せませんよ?

当たり前ですが左コーナーの内側は斜度はキツイ。数は少ないとは言え、後ろからクルマやらバスも来るので、モタモタしてられない。そこで、直線や右コーナーでは脚を回復させるべくゆっくり登り、キツイ左コーナーではクルマの邪魔にならないように気合いを入れる!
結果、脚が無くなる・・・。

ひょっとして、これ悪循環じゃない?

そう思った時には、なんとか1時間弱で無事に頂上へ到着。
完全にぼへぇ〜〜〜状態でしたが、すぐ近くに隠れ家的なコーヒー屋さんがあるというので、そこで休憩することに。
しかし、ISOさんタフだわ。ぜんぜん余裕の表情ですよ。
つか、走り込んでないから・・・とか言って僕を油断させてましたね?

騙されたなぁ。僕なんて、脚に力入らないし、お尻痛いです、首も痛いです・・・。
そんな状態でコーヒー屋さんへ入ると、まぁとってもいいお店でした。
コーヒー美味いし、庭には山鳩や雉が来るし(季節によりリスも来るらしい)、マスターも気さくに色々と話しかけてくれるし。

まったりしてたら、長居しすぎちゃいました。
大急ぎで芦ノ湖で寒さに震えながら記念撮影して、すぐに下山しました。
漁港で遅めの昼飯をかっ喰らい、帰路につきました。

thumb_IMG_7675_1024.jpg


キツかったけど、久しぶりにISOさんと距離を走れました。
走行距離:167km

お疲れ様〜。
( ̄▽ ̄)ノシ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。