スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルチャレンジカップ藤沢 ふたたび

2016.03.06.Sun.19:13
とうとう、決戦の日がやって来ました。第2回になるサイクルチャレンジカップ藤沢(以下、CCCF)です。
(画像はあちこちから頂きました。大部分は応援&カメラマンのおっさんです。)

一昨年の様子はこちら。=>「サイクルチャレンジカップ藤沢

今回も、panpan師匠、前くみさんと三人チームを組んでの参戦です。
noguさんとShiroさんの2人組チームに加え、ITOさんとクロスM氏に2人組チームも初参戦です。

受付をして、自転車の用意をして、少し写真を撮って遊んで、PITの場所取りをして・・・あれ?スタートって何時??
ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノ

3時間のエンデューロ、スタートはいつもの通り、僕です。慌てて、noguさんとITOさんとをスタート地点に向かうと、もうスタート10分前。ほぼ最後尾からのスタートになっちゃいました。

IMG_6558.jpg
IMG_6554.jpg

始めの一周はパレードランです。

前回のパレードランは、本気モードの走行で度肝を抜かれました。が、今回は常識の範囲でしたよ。コーナーで詰まり気味になり追突されそうで怖かった場面もありましたが。

周回路の計測開始場所は、◯溝のある上り坂途中からでした。
この坂、かなりキツいんです。というのも、ここに至るまでの平坦区間で脚を使ってしまうので、坂での余裕が無くなってしまうのです。

前回は、インナー使ってくるくる回して、それでもぜぇはぁ息を切らせて、アウターへ上げてチェーンが外れる・・・なんてことを繰り返してました。今回は決戦兵器の『鰡一』があります! なんと、ヘタレの僕が、アウターのまま、ダンシングしちゃったりして、登れちゃったりしました。
アレレレ!?(・_・;?

ちなみにすべての周回でアウターダンシングで登れちゃったので、『鰡一』はホントに良い買い物をしたと感動。
しかし、ちょっと調子に乗り過ぎたかも。二周目は平地でも上り坂でも踏み過ぎて、PITに辿り着くいたときには、脚プルプルしてました。

僕の次は、panpan師匠へ。
愛車の BOMA Rapid-R に EASTONE の組み合わせは本気モードの証。PIT前を下ハンダンシングで駆け抜けるその姿は、まさにOGちゃん!
あれ?だれも写真撮ってないよ (; ^ω^)

三番手は、女豹 前くみさん。
念願のカーボンバイク S-WORKS tarmac を手に入れ、前走者に喰らいつく走りは、見る者へ「自分が前走者でなくて助かった」と安堵を覚えさせるほど。
これから、もっとバイクに慣れたら、手に負えなくなりそうでした。
((((; ゚Д゚)))ガクブル

IMG_6561.jpg
IMG_6559.jpg

僕らは2周刻みで、とても順調に周回を重ねました。だんだん脚が回り易くなり、プルプル具合も軽減してきました。
落車も何台かあった様ですが、幸いにも巻き込まれることはありませんでした。ITOさんは、ちと危なかった目に『遭遇したそうです。何ともなくて良かった。
ε-(´▽`) ホッ

心配された雨も、小降り程度で何度か降ったり止んだりしてましたが、本降りになることはありませんでした。それでも、土が路面に溜まっているところや、コーナーのライン上にあるマンホールには要注意ですが。


さて・・・
僕の最終スティント、もうコレが最後だと、疲れのたまった脚にむち打って、踏み倒しました。坂もコレが最後だと思って気合い入れて登り切り、PITに突っ込みpanpan師匠へ・・・

あれ?
PITに居らっしゃいませんね・・・ああ、panpan師匠が自転車取り入ってる・・・
「めがね・・・めがね・・・」ってそんな感じで・・・

順調にいきすぎて忘れてましたが、やはりやってしまいましたね。(≧∇≦)アハハ!!
このABチームは、毎回誰かが、話に夢中で交代を忘れます。これぞ我がチーム。

panpan師匠を送り出して、前くみさんと作戦会議。
「前回と同じで、前くみさんが、アンカーになりそうだね」
「え~~、雨降って来ちゃったし、やだぁ、怖い~」
「(女豹に怖いものはないでしょ)・・・。じゃ、替りましょうか?」
「う~ん、一周だけで帰って来て良い?」
「いいですよ。でも行けたら、交代せずにそのまま走っちゃってもいいですよ」

前くみさんと送り出し、戻って来たpanpan師匠とも相談。
「前くみさんが一周して、僕と交代することになりましたよ」
「じゃ、そのまま戻って来ないでゴールかなぁ?」
「残り10分で、ゴールの方へコースが変更されるんでしたっけね」

このコースでは、スタートとゴールはキャンパス内なのですが、スタートから周回路までの道は慶応大のキャンパス内道路、また周回路からゴールまでも慶応大のキャンパス内道路なのです。スタートから2時間50分経過時に周回路の坂へ向かうコースが閉鎖され、ゴールへ向かうのです。

いや、前くみさんの戻るタイミングによっては もしかしてギリギリコース閉鎖に間に合うのでは・・・

で、前くみさんが戻って来たのはスタートから2時間45分過ぎ。


交代して、踏み倒す、踏み倒す!

誰かの後ろで曳いてもらってたら間に合わない。南下する部分では集団につくしかなかったけど、南側のコースに出たら、とにかく前に出た。
前走車の後ろを捉え、後ろを振り返り、抜きにかかって来るヤツがいなけりゃ、右から前走車を抜く。このタイミングならコース閉鎖に間に合うかもしれない。下ハンで伏せっぱなし。
たぶん、今日の最高速57.1km/hはこの周で出した。攣るかと思った。

それにちょっと思い出した。
たしか、霞ヶ浦もこんなパターンだったなぁ。

コース変更ポイントが見えた、まだ間に合いそう!
ポイントを通過するときに、スタッフの数名がコース変更のタイミングを見計らっているのがみえた。おそらくすぐ後ろで変更されただろう。脚を使いすぎていたので速度が出せず、坂の途中の計測ポイントまでがやけに遠く思えた。

下ったあとは、もう登りを考えなくていい。最高速は出せないけど、速度の合う他の自転車と曳き合って、キャンパス内へ。

あら、こんなところに坂がぁ・・・あれ?キャンパスに入って坂の手前がゴール計測点じゃなかったっけ?
あれ?登り切ったら、皆止まってるよ?計測器回収している?
あれ?あれれ?ゴールの計測装置がないよ?
でも、ゴールはまだ先??

不安に駆られつつ、キャンパス内の下り坂を降りると、やはりゴールはそこにありました。

実は、ここで運営側のミスがあったのでした。一部の選手の計測器を、ゴール手前で回収してしまったのです。後で発表された最終成績は、ゴール地点での計測ではなく、全員がその前の周回までの周回数とタイムで算出されたのでした。
つまり、他の選手と曳き合った最終週は計算に入らないと・・・。

まぁ、何にしても走り切りました。出し切れました。
その直後に、なんとぶちょーが応援に来てくれました。ナイスなタイミング!(?)
(゚∇^d) グッ!!

しばらく後、雲が厚くなり日が遮られ、風も強くなり、寒さに震えながら待った成績発表。

3名チーム混合 第三位 AB会チームA!  工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

前回4位でしたから、3位狙おうぜって冗談で言ってはいたんですが、まさか現実になるとは思いませんでした。
三人で初めて表彰台に乗れましたよ。感無量。
ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ ワーイ♪

IMG_6560.jpg

送迎してくれた、クロスMさん、そのチームメイトのITOさん、
応援のおっさん、久翠さん、ぶちょー、OKABEさん、
FBで励ましてくれた皆さん、
チームメイトのpanpan師匠、前くみさん、
本当にありがとうございました。 <(_ _)>

さぁ、来月は袖ヶ浦だぁ! ((〇(*≧▽≦)о[ ファイトォッ!! ].:゚+


今日のデータ(レース分のみ):
走行距離:36.54km
最高時速:57.1km/h
平均時速:31.8km/h
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。